「神の茸」と呼ばれるチャーガとは?

最近メディアで栄養価の高い新食材として注目されている「チャーガ」をみなさんご存じですか?
極寒地に生育する白樺の養分を吸い上げて成長するチャーガ(カバノアナタケ)は、約2万本に1本程にしか寄生することがなく非常に貴重なキノコであることから、ロシアでは「幻のキノコ」と呼ばれています。
 
自然治癒力を高め、代替医療分野で注目されている「神の茸」と呼ばれるチャーガ。
最近の研究で高い抗ガン作用や血糖効果作用、エイズウイルスの増殖抑制効果等でアガリクスを遥かに上回る有効成分を持っていることが明らかになり、ポストアガリクスとして非常に大きな注目を集めています(^^)
 
チャーガのお茶ご購入ページはこちら

>> ご購入ページはこちら <<

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

facebook

Hatena

contact